睡眠は明日への活力

睡眠障害の多くを占めるといわれる不眠症になる原因も一番初めのきっかけは様々ありますが、不眠症に陥ってしまうメカニズムは眠れないことが気になりだし、いつ眠れるかと注意を集中してしまうことにより意識が覚醒するからです。

そんな日が続くと、良く眠るために焦ってインターネットや書籍で眠るための知識ばかりを調べてしまいます。その方法を実行したとしても、焦っていて心理的に安心できない状態で実行しているので眠れなくなるのです。

たまたま何らかの原因でしっかり眠れていないと思うことがあり、それが次の日も、また次の日も気になりだし何日も悩んでいる状態が続くと日常生活に支障がでるぐらい深い状態に陥ります。

そして頑張って調べて実行したのに眠れないという無駄な努力の結果だけが残りさらに悩みは深くなります。

ンターネットや一般書籍の知識は医学的に正しい知識ではありますが、眠るという行為は人間の心理が大きく関わってきます。

寝よう寝ようと思ってもなかなかむずかしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA